大阪府、兵庫県を中心に准看護学校、ケアマネ受験を指導する鈴木アカデミー

 

 
 
 
 
 

2017年度募集終了のお知らせ

2017年度の募集は終了しました。

2018年度は10月1日以降に詳細をお知らせします。

しばらくお待ちください。 

 

 

鈴木アカデミー通信講座(基礎講座)の特徴

1 テキストの理解

「介護支援専門員基本テキスト」の理解は欠かせません。ご自身でじっくりと読んでほしいところですが、仕事を持っていると、自宅で机の前で勉強する時間はほとんど取れないのが実情です。
さらにこの基本テキストは一人で読んでも理解できないところが多く、なかなか前に進みません。

鈴木アカデミーでは、この「基本テキスト」のポイントを分かり易く解説し、CD約10枚に収録しました。そして今回はこの内容をMP3プレーヤーを使って、イヤホンで聞くことができるようにしました。これで、通勤の時や他の用事をしながらでも耳から「基本テキスト」の大切なところが入ってきます。

何度も何度も聞いてください。

2 問題に慣れる

試験合格には、過去問題をすることが必須です。予想問題集には手を出さないこと!

 鈴木アカデミーでは、この過去問題をほんの少だけ手を加え、そしてA4の用紙に過去3年分を3冊にまとめました。本試験と同じような形にしました。この問題集で満点が取れる言うになれば、実力は十分についています。あえて製本にはしていません。受講生が使いやすいようにとの配慮です。

3 細かな知識

 近年の試験では、かなり細かな内容も問われています。これは、基本テキストの理解だけでは対処できないところがあるのは事実です。かと言ってやたらと細かなところを勉強するのは、時間がかかり過ぎて非効率的です。

 鈴木アカデミーでは、毎年「試験に出るぞ」という手作りのプリントを配布しています。これは、過去の試験で実際に出た問題のtだしい肢だけをまとめたものです。「介護支援分野」「医療サービス分野」「福祉サービス分野」ごとにまとめ、試験前に何度も読み返すことにより、試験では、こんなところが問われているということが実感できるようにしています。約30ページにまとめています。こちらも製本にはしていません。各分野ごとに(10ページ前後)分けて使いやすくしています。

※一部をコピーしてどこかに貼っておくのも効果的です

 過去の試験問題を見ていますと同じところが何度も出ています。この「試験に出るぞ」で何度も出てくるところは、試験に出る可能性が高いところばかりです。

以上の3つのステップを確実にこなすことで、合格ラインには達してきます。

鈴木アカデミーの基礎講座には上記の3つのものが全てそろっています

 受講生の方に用意していただくものは、「介護支援専門員基本テキスト」と1冊の過去問題集(どこの出版社でもOK)だけです。

 

1 MP3プレーヤーとCDのどちらかを選べるようにしました

 今までCDとビデオでの通信講座を行いました。ビデオや動画を主体とするDVDは通信講座には向かないとわかり、その後はCDでの通信講座を開講してきました。
今回、当初はMP3プレーヤーを使用しての通信講座を開講し、そして、MP3プレーヤーのみの予定でした。
MP3プレーヤーの方が、コンパクトで歩きながらでも電車の中でも使えて非常に便利だからです。

しかし、自宅や、車の中ではイヤホンで聞くより、生で聞く方が良いという方もおられ、CDも作ってほしいとの要望があり、今回は、どちらかを選択できるようにしました。

 

2 通学講座との合同勉強会を企画しました 

  遠方の方は通学講座は無理なので、やむなく基礎講座(通信講座)を選択されます。しかし、通える範囲の方でも、仕事の都合や時間的余裕がない等の理由で、通学できない方もかなりおられます。そしてできれば通学を選びたいけれど、毎回参加できないのでやむなく通信を選ばれる方の中には、数回だけでも通学したいとの声がありました。実際、准看護学校受験講座では、2年前から通学講座と通信講座の合同勉強会を開催したところ大変好評で、通信講座の方達の方が、熱心に出席されました。

 そこで今回は、ケアマネージャー受験講座の基礎講座(通信講座)を選ばれた方達も、合同勉強会に参加できるコースを作りました。合同勉強会付の通信講座を選ばれる方の方が多いです。

基礎講座(通信講座)の内容

 できるだけ通学講座と同じようにしました。授業内容は、通学講座を参照してください。大雑把にいえば、基本テキストに沿って、第1巻の前半を重視した内容となります。試験合格に必要なものは全てそろっていると自負しています。
授業の中では、テキストの解説だけでなく、勉強の仕方から、収録しています。

MP3プレーヤー・CDを送付しただけで終わりではありません

 受講生の方達が効率的に勉強できるよう、様々な工夫を凝らしています。

6月後半に、鈴木アカデミーオリジナルのプリントを送付

 内容は過去の問題を精査して、正しい肢だけを編集しなおしたものです。試験前に威力を発揮すると思います。

7月後半には、練習問題を送付します

 過去問題をほんの少しアレンジしただけです。

基礎講座・通信講座

 MP3プレーヤーまたはCDを選べます。オリジナルプリントと練習問題がついてきます。

 受講料:25,000円 消費税込27,000円

合同講座

 基礎講座(通信講座)に合同勉強会が5回ついてきます。

 受講料:35,000円 消費税込37,800円

基本テキスト(長寿社会開発センター)は各自で準備してください

 長寿社会開発センター

 販売価格6,300円+消費税504円 送料無料で送付してくれます

 講座申し込み方法 

 メールからのお申し込みは こちら

 ☎ 0721-26-7432 FAX 0721-26-7434

 

通信講座あれこれ

 現在大手予備校を筆頭に、テレビその他で派手な宣伝をしている通信講座の業者等が、ケアマネージャー試験受験のための通信講座を販売しています。受験生の方はどれを選べばよいんか分からない状態と思います。

私自身、7年前に行政書士試験を受験する時に通信講座を利用しました。その経験も踏まえて、各通信講座の特徴をあげてみました。参考にしてください。 
但し、私の独断と偏見も入っていますので、ご自身の目で確かめてください。
  MP3プレーヤー(CD)等 DVD等の動画 本等のテキスト・問題集
利便性 手軽です。通勤途中・家事をしながら・車の運転中等場所を選びません。 画面を見る必要があるので、機器をセットしなければならず、邪魔くさい 自分でテキストを読むので、落ち着いた場所と時間が必要。スキマ時間では難しい。
効率性 手軽なので、継続しやすい 画面を見る為に時間を確保しなければならず、続きにくい きわめて悪い。いくら充実しt内容であっても、本人に意欲が無かれば続かない。
費用 20,000円~100,000円 30,000円~100,000円 本来もっとも安くつくはずなのに、テレビCMなどで派手に宣伝している大手業者ところは50,000円前後の受講料
理解のしやすさ 理解はしやすい 理解はしやすい 基本テキストを自分で読むのとまったく変わらない。
その他   講座の動画は動きが少ないので、すぐに飽きてしまいます。かなりの忍耐が必要です
メリットはほとんどありません
通信講座という名の教材販売です
 
 
 

 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法