大阪府、兵庫県を中心に准看護学校、ケアマネ受験を指導する鈴木アカデミー

 

 
 
 
 
 

遺言書は関係ないと思っている方へ

 「私には大した財産がないから遺言書なんて関係ない!」
と思っている 
 「家族は仲が良いので、相続でもめることはない!」
と安心している

 

 大半の方は、遺言書は資産家や富裕層の方が作成するもので、私たち一般庶民には関係ないと思っています。
 しかし、相続でもめるのは金持ちではありません。紛争の大半は、相続財産が5000万円以下の金持ちではない方たちなのです。

よく揉めるケース

結婚して夫婦2人に子ども3人で一戸建ての家(評価額2000万円)に住み、預貯金は、1千万円。相続財産合計は3000万円
子どもたちは結婚しそれぞれ独立して、妻1人が家に住んでいると想定してください。

 

夫が亡くなると妻と子ども3人が相続人です。

遺言書がないと残された妻と子ども3人で遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成します。

この遺産分割協議書がないと、まず、夫名義の銀行口座が凍結されて引き出せなくなります。そして他の財産(家・土地等)も全て処分はできません。

ほとんどの方は、子どもたちの仲が良いので、遺産分割協議書はすぐに作れると思っています。しかしこの遺産分割協議書は、相続人全員の同意と実印が必要です。1人でも反対すると、遺産分割協議書は作れません。

仲が良かったはずの子どもたちは結婚して、配偶者がついています。また配偶者の親等の外野もいます。この人たちが口出しをしてきて、遺産分割協議が前に進まなくなることが多いのです。

遺産分割協議が進まないと裁判です。この時点で家族仲は決定的に崩壊します。修復は不可能です。そして裁判では法定相続となります。

法定相続だと妻は2分の11500万円)、子どもたち3人はそれぞれ6分の1ずつ(500万円ずつ)の割合で相続することになります。

そうすると、家は売却しないと遺産分割できません。妻は住み慣れた自宅から出ることになります。

夫が遺言書を書いてくれていたら予防できるトラブルです。

私は、遺言書は残された家族への思いやりだと思います

 

疑問1

『遺言書の必要性は感じている。しかし、どこに頼めばいいのか費用はどれくらいかかるのか不安で一歩が出ない。』

アンサー

『先ず頭に浮かぶのが弁護士。そして最近テレビ等のコマーシャルをよくしている信託銀行。これは資産のある富裕層向けです。庶民には関係ないと思ってください。私から言わせたら、ボッタクリです。』(右の資料を参考にしてください)

 

費用の掛からない自筆証書遺言はいかがでしょうか?

 

疑問2

 自分で作ろうと思って相続や遺言書作成の本を買ったけれどもよく分からない』

アンサー

 『法律を知らない方が遺言書を書くことは危険です。無効になる恐れがあります。』

それじゃ自筆証書遺言は危ないじゃん!

  

 

疑問3

 専門家に頼むと公正証書遺言を勧められた』

アンサー

 『ほとんどの専門家は公正証書遺言を勧めます。確かに、危険性が少ないことは私も認めます。

 しかし、公正証書遺言は、専門家に依頼して作成し、そして公証人役場に支払う費用等も別途かかり、証人も2人必要となりますので、かなりの負担が生じます。』

 

疑問4

 公正証書遺言を作成したけれども、遺言書を書き直せるの?』

アンサー

 『遺言書を作成しても、すぐに亡くなることは滅多にありません。遺言書作成後10年・20年、あるいは、それ以上長生きすることも珍しくありません。その間に遺言書の内容を変更したい、あるいは変更の必要性が生じることがあります。そうすると公正証書遺言だとまた専門家に頼み、公証人役場に手数料等を支払うという面倒な手続き・費用が発生します。』

 

 私がお勧めしているのは、費用の掛からない自筆証書遺言です。

メリットは

1 自分で作成するので、費用が一切かからない

2 いつでも自由に書き換えることができる

3 公正証書遺言も自筆証書遺言も効力は全く同じです

 もちろんデメリットもあります。

裁判所の検印を受けなければならない、偽造の可能性がある、要件がかけていたら無効になる

 私はこれらのデメリットをよく理解したうえで、そのデメリットを克服するように「遺言書作成教室」で指導していきたいと思っています。

 遺言書作成教室では最終的には、私が法的観点からチェックします。

 だから自筆証書遺言でも安心です!


 「自筆証書遺言作成教室」では、少人でじっくりと一緒に勉強します。最後に私が、法的観点から最終的にチェックします。

 

【参考資料】

報酬の参考例

 

遺言書作成

遺言執行

経費

弁護士

20万円~300万円

30万円~

実費

司法書士

7万円~15万円

30万円~

実費

行政書士

7万円~15万円

30万円~

実費

信託銀行

30万円~100万円

108万円~

実費

※実費もかなりの額になります

 

信託銀行等の費用比較

銀行名

遺言書作成

保管料(年間)

遺言執行

三菱UFJ信託銀行

324,000

5,400

1,620,000円~

三井住友銀行

216,000

6,480

1,620,000円~

みずほ信託銀行

324,000

6,480

1,080,000円~

りそな銀行

324,000

6,480

1,080,000円~

※手数料は別途必要 かなりの額です!

 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法