大阪府、兵庫県を中心に准看護学校、ケアマネ受験を指導する鈴木アカデミー

 

 
 
 
 
 

遺言書を書こう

  遺言書というと重々しく感じて敬遠される方がほとんどです。またまだ若いからと必要性も感じないでしょう。

 それはその通りです。

 でも死はいつやってくるか分かりません。自分の身には起こらないと思っている方がほとんどです。

ある統計によると「日本人は100%死ぬ!」そうです。死なない人はいないのです。そして死ぬ時期は決まっていません。

今日交通事故にあうかも分かりません。脳梗塞・心筋梗塞・熱中症で、あるいは震災で…。

死んでからでは身辺整理はできません。家族への思いを伝えることもできません。自分の財産も思い通りに処分できません。家族に迷惑をかけることになるかもしれません。

そうならないための「転ばぬ先の杖」として、遺言書を気楽に書いたらどうでしょうか?

簡単に書けないと思うから、遺言書の必要性がわかっていても書かないのだと思います。

そしてもう一つは費用が掛かりそう!という心配が

 

自筆証書遺言はいかが

大半の専門家は自筆証書遺言ではなく、公正証書遺言を勧めます。

その理由は

1 自筆証書遺言は、用件がかけていると無効になるリスクがあるが、公正証書ではリスクがほとんどない。

2 自筆証書遺言は、偽造される恐れがあるが公正証書遺言ではない。

 でもこのリスクは簡単にクリアできます

3 公正証書を勧める一番の理由は、自筆証書遺言を作成されると、弁護士等の専門家がもうからないからです。もちろん信託銀行も困ります。仕事がなくなってしまう!

 

 自筆証書遺言は紙とペンがあればかけます。ただ法的に有効な遺言書を書くためのルールがあります。これは、そんなに難しいことではありません。

 しかし自分で本を読んだだけでは理解は難しいと思います。

 そんな方は、鈴木アカデミーの「遺言書作成教室」に来てください。

 鈴木アカデミーの代表講師が分かり易く書き方を指導します。

 もちろん行政書士として法的知識があったうえで、なおかつセミナー講師として分かり易くかつ楽しく理解できるようにします。

 これで安心

 

鈴木アカデミーの遺言書作成教室の特徴

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法