大阪府、兵庫県を中心に准看護学校、ケアマネ受験を指導する鈴木アカデミー

 

 
 
 
 
 

正看護学校受験講座新規開講

  鈴木アカデミーでは、社会人の方が看護師になるサポートをしてきました。その中でも、経済的な負担や、勉強の負担を少なくするために、准看護学校受験を中心にしてきました。

 しかし、初期のころから毎年正看護学校をめざす方が、看護専門学校を受験し合格してきました。大半の方は、「准看護学校受験講座」の授業だけで合格してきました。一部個別指導等で数学と英語の勉強を、サポートしてきました。

正看護学校受験講座を開講するに至った事情

 家庭や仕事を持っている社会人の方が看護師をめざすにあたって、経済的な負担と勉強時間の確保を考慮し、今までは准看護学校受験を中心に据えてきました。
しかし、ここ数年大きな動きが出てきました。 

経済的な負担が軽減されてきたこと

 もともと公的な奨学金制度、病院からの奨学金や補助、国民金融公庫等の教育ローンなどが充実していました。
さらに「専門実践教育訓練給付制度」「教育訓練支援給付制度」といった新しい公的な制度が実施され、上手に組み合わせれば、授業料の大半が賄えるようになり、経済的な心配がなくなってきました。
これなら3年間、お金の心配をすることなく、勉強に専念できます。

看護大学と看護専門学校の棲み分けが確立してきたこと

 この10年間で看護大学が急激に増えました。定員がかつての10倍近い増え方です。
今までは、高校生が、看護専門学校を受験して看護師をめざすのが一つのパターンでした。しかし今は看護大学への進学が増えています。
その結果、看護専門学校は社会人を多く入学させる傾向となっています。
以前は、社会人で看護専門学校に入学したものの、周りの学生が若い方中心だったために雰囲気に馴染めず、看護専門学校をやめて、准看護学校を受験しなおす方も多く見受けられました。しかし、今では看護専門学校の半数近くが社会人になってきました。今では社会人でも違和感はありません。

入試の難易度が高くない

 今までも鈴木アカデミーの「准看護学校受験講座」の講座だけで、正看護師の育成を目指す看護専門学校に合格することは、珍しくなく、毎年合格してきました。
社会人が一般入試で合格するためには、試験である程度の点数を取らなければなりません。
しかし、科目は一般的に、国語・数学Ⅰと英語で、英語はない学校も多く、国語と数学Ⅰがある程度できれば合格できます。数学Ⅰは、准看護学校受験講座の数学に少しだけのプラスαで、大丈夫です。
鈴木アカデミーでは、毎年のように各准看護学校をトップで合格するような方達が出ます。その方たちはもちろん看護専門学校でも合格しますが、その方たち以外でも、充分に対処できます。

 以上のような事情から、今年の8月から、正看護学校の受験講座も新たに開講する運びとなりました。

 

 

正看護学校受験講座概要

  鈴木アカデミーでは、社会人の方達が看護師になることをサポートしてきました。ソシテこの姿勢は今後も変わりません。
tだ、ありがたいことに、卒業生の娘さんたちも受講され、現役の高校生も毎年のように受講されています。そして准看護学校だけでなく、正看護学校に合格する方も出てきました。 社会人が中心ですが、高校生も歓迎します。看護大学に行くよりも早く仕事をしたい方は、看護専門学校の受験をお勧めします。

時間割


大阪教室 和泉中央教室 富田林教室
開講日 水曜日 8月29日開講 木曜日 9月6日開講 土曜日 9月8日開講
小論文 17:45~18:25 17:45~18:25 13:30~14:10
数学 18:35~19:55 18:35~19:55 14:20~15:50
英語Ⅰ 20:05~21:20 20:05~21:25 16:00~17:30

各教室とも12月末までの15回を予定しています

※大阪教室・和泉中央教室は募集を終了しました
富田林教室は後2人で定員となります!

 

 

 

受講料


受講料 教材費 合計(消費税込)
数学 60,000円 5,000円 65,000円(70,200円)
英語 60,000円 5,000円 65,000円(70,200円)
小論文 40,000円 3,000円 43,000円(46,440円)
数学・英語・小論文 140,000円 13,000円 153,000円(165,240円)
数学&英語 100,000円 10,000円 110,000円(118,800円)
小論文&数学 85,000円 8,000円 93,000円(10,440円)
小論文&英語 85,000円 8,000円 93,000円(10,440円)

入会金:10,000円(消費税込10,800円)

 

お申込みはこちら

キャンペーンをご利用苦の方は、8月10日までに、下記に受講料をお振込みください
【振込銀行】
三井住友銀行 金剛支店 普通 4058304 スズキアカデミー

 

鈴木アカデミーの指導方針と特徴

 鈴木アカデミーでは、25年以上前から「社会人が看護師になる」のをサポートしてきました。この方針は、今後も変わりません。
社会人が現役の高校生とは違うのは、

1 勉強から遠ざかっている
2 仕事や子育て等のために勉強時間が充分確保できない 
3 学費等は自分で工面しなければならない

 これらのことを考えると、准看護学校か看護専門学校を選択すべきです。看護大学は現実的ではありません。
そして、勉強の負担が軽くて済むように、入試科目が少なく、基礎的な問題が出題される学校を選ぶ必要が出てきます。その点でも看護大学は不向きです。
看護専門学校は、国語・数学・英語となっています。数学と英語の対策が必要となります。英語がある点で准看護学校に比べて若干勉強の負担が大きくなります。
数学も、試験範囲がほとんどの学校が数学Ⅰと数学Aです。准看護学校受験のための数学とそれほど大きく変わりません。いずれにしろ、准看護学校受験のための数学ができなければ数学Ⅰはできません。基礎的な問題が中心ですので、准看護学校受験のための数学よりもほんの少しだけ、勉強が必要と理解したもらえればいいでしょう。
英語は、少し時間がかかります。英語が受験科目にない学校もかなりありますので、どうしても英語が苦手な方は、英語のある学校を避けるという選択も必要になるかもしれません。
ただ入試科目の英語は、コミュニケーション英語Ⅰが多く、内容はほとんど中学レベルです。英語が得意だった方は、全く問題なく、合格点は取れます。苦手な方でも、少しコンスタントに勉強すれば、合格点は可能です。
「試験合格に満点はいりません」この言葉をかみしめて、基礎だけをシッカリと習得してください。授業でも基礎の習得に力を注ぎます。
国語は、准看護学校も看護専門学校もほとんどレベルは異なりません。長文読解に慣れることと、漢字・四字熟語等をシッカリと覚えれば、大丈夫です。

 

 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法