大阪府、兵庫県を中心に准看護学校、ケアマネ受験を指導する鈴木アカデミー

 

 
 
 
 
 

早く看護師とした働きたい方へ

  看護専門学校の一般入試は国語・数学1・英語Ⅰ・作文または小論文の学校が大半です。
今回は、数学・英語・作文&小論文の講座を開講します。 
試験合格が目的です。したがって、満点を狙うような勉強はしません。
看護大学と異なり、看護専門学校の入試は、基礎的な問題が大半です。准看護学校合格の実力があれば、ほんの少し上乗せするだけで、十分合格圏内です。

数学について

 数学1の範囲は、半分以上が中学で習う範囲です。そしてそれをベースにして、因数分解・二次方程式・√の計算・図形の計量・確率・三角比・二次関数となります。その為、まずは、中学で習う数学(准看護学校受験の範囲)を先ずしっかりと勉強してください。
学校のレベルによっては、中学で習う範囲だけで、充分合格圏内に入ってきます。

 以上のことを考慮して、最初は、中学レベルの数学から勉強します。基礎ができていない方は、准看護学校受験講座の数学も併用して受講することをお勧めします。数学は積み重ねの学問ですので、一部だけ(たとえば三角比)を理解することは不可能です。

国語について

 国語は、看護専門学校も准看護学校もレベルはほとんど変わりません。ただ、看護専門学校では、作文・小論文の比重がかなり強いと思われますので、作文・小論文のみの対策を行います。国語一般につきましては、准看護学校受験講座の国語を受講してください。

英語について

 社会人にとって、英語は、得意でなかった方にとっては、ほんの少しの勉強だけでは少し厳しいところが出てきます。
 しかし試験問題は、大半が中学レベルの範囲ですので、シッカリと発音やアクセントと基礎的な文法ができれば、合格圏内に入ります。長文読解は難しい問題にはなっていません。国語力のある方であれば、答の予想はある程度つきます。そして長文読解については、記号で答えさせる問題等が多く、少し慣れれば、ある程度の点数は取れます

※他の大半の受験生も英語はできていませんので、ハードルは高くありません!

詳しくはこちら

 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法