大阪府、兵庫県を中心に准看護学校、ケアマネ受験を指導する鈴木アカデミー

 

 
 
 
 
 

生きがいと経済的自立を求めている方へ

 

 そんな方におすすめの仕事が看護師です!

 その理由は
1 多くの方たちから感謝される仕事だから
2 年齢が高くても正社員として雇用されるから
3 自分の生き方に合わせて、仕事場所が選べるから

 でも社会人から看護師になることって難しそう」

あなたが思っているほど難しくありません!

 鈴木アカデミーでは、毎年40歳代・50歳代の方たちが看護学校に合格し、看護師となっています。そして、受講生の大半が看護学校に合格してきました。鈴木アカデミーには、社会人が看護学校・准看護学校に合格するノウハウがあります。

高い合格率の秘密

1 適切な進路指導
25年以上の実績と、地元の学校の特徴を把握しているからです
2 基礎の徹底
他の予備校のように、いきなり入試問題をさせることはありません。またわからないところを指導するのではなく、合格に必要な実力をつけるためには、何を取得すべきかを常に考えた指導をしているからです。

 鈴木アカデミーでは、受講生全員の能力・性格をしっかりと把握しているから、その受講生に応じた指導をしているから、そして鈴木一人で、すべての受講生を指導しているからできることです。

いよいよ入試

 秋の気配を感じ始めると同時に看護学校入試が近づいてきたことを実感します。主要な学校は、12月・1月に入試があります。夏からのオープンキャンパスや学校説明会等に参加された方は、ほぼ志望校も絞られてきたと思います。
これから入試までは、実践的な実力をつける時期となります。
順調に勉強が進んでいる方は、最後まで油断せずに、そして体調を整えて、試験に臨んでください。
基礎に不安のある方は、やはり基礎をしっかりと固めることを優先すべきです。焦って、基礎がないのに、入試問題や難しい問題に手を出すことは禁物です。まだ時間はあります。

10月からのご案内

 各教室で余裕のあるところは、今からでも入会できます。一人で勉強してきて刺激がほしい方、理解できないところや苦手分野がある方、行き詰まっている方、スズキアカデミーの受講生たちと一緒に勉強しませんか?

 

 途中入会で不安を感じる方へ

「4月開講のクラスに入りたいけれど、途中からだとついていけるのか不安?」

「大丈夫ですよ!」

 鈴木アカデミーでは、毎年途中入会の方がおられます。しかしその方達も大半は合格していきます。それは授業で常に基礎の復習をしているからです。
また途中入会の方は、授業開始前の30分間、数学の基礎勉強会をしています。

数学に不安のある方対象に数学基礎講座を開講

  数学特訓教室は数学の苦手な方を対象に基礎から試験合格に必要な実力をつけることを目的としています。

詳しくは こちら

 

実力養成講座開講中

 8月までに基礎を習得し、そして勉強習慣を身につけることができました。これからは、この基礎を土台にして、試験合格に必要な実力を身につけることが目的となります。

 しかし鈴木アカデミーでは、実力養成講座でも常に基礎の復習は欠かしません。それは、基礎をおろそかにして試験合格はないからです。つい入試問題等の難しい問題をしがちですが、鈴木アカデミーでは、実際の入試問題をするのは、秋以降です。それまでじっくりと基礎の復習をしながら、着実に実力をつけていきます。

今から勉強を開始する方でも大丈夫ですよ!

クラス 開講日 時間
富田林教室火曜クラス 毎週火曜日 募集終了
大阪教室 毎週水曜日 13:30~15:30
和泉中央教室 毎週木曜日 13:30~15:30
富田林教室金曜クラス 毎週金曜日 募集終了

お申し込みは こちら

数学基礎講座開講

毎年多くの方が数学で少し苦しみます。元々苦手、数学が嫌いという方が大半です。そんな方たち対象に、数学の基礎から、試験合格に必要な実力まで身につけてもらう講座です。
今から勉強を開始する方で、数学が苦手な方は、実力養成講座と数学特訓教室との併用をお勧めします。

お申し込みは こちら

 学校訪問に行ってきました

6月の休みを利用して学校訪問に行ってきました!

どちらの学校もすてきでした。おすすめです!

看護学校を取り巻く環境が大きく変わりつつあります!

 看護学校の受験生の指導を始めて25年以上たちました。この間に看護師・看護学校を取り巻く環境が大きく変わりました。

1 准看護学校の減少・廃止
特に都会では、准看護学校の廃止が多く、兵庫県では、医師会運営の准看護学校は全てなくなりました
2 看護大学の大幅な増加
現役の高校生や若い方で看護師をめざす方は、看護大学への進学が主流となりました

3 女性の社会進出をサポートする制度が充実
特に看護師をめざす女性の公的な制度が充実してきました
詳しくは こちら

  鈴木アカデミーでは、これらの環境の変化に対応して社会人から看護師をめざす方を指導しています。
詳しく知りたい方はガイダンス等をご利用ください

 

看護師を目指す方がしなければいけないこと

  まずは情報収集です。今の自分がおかれた状況・実力とどんな学校があってどんな選択が自分にベストなのかを知ることからスタートです。
スタートで躓くと、大変な回り道になります。また目的を達成できないこともあり得ます。
せっかくの決断と努力を無駄にしたくない方、鈴木アカデミーのガイダンス・個別相談を活用してください。看護学校受験指導30年の鈴木が直接アドバイスさせていただきます。気軽にお越しください。

 

通常クラスについて

 富田林教室の通常クラスはすべては、定員となりました。

大阪教室・泉中央教室は若干余裕があります。

これから受講される予定の方は、日曜特訓講座・数学基礎講座をご利用ください。

詳しくは こちら

 

 

社会人が看護師をめざすにあたっての3つの不安要素

  「看護師になりたい」と思っても、色々な障害があります。その中で、次の3つの不安が主要なものです。でも、これらは全て克服できます。そして克服するための手段が用意されています。
詳しい内容を知りたい方は、ガイダンスをご利用ください。

1 勉強そのものの不安

 長く勉強を離れていたので、授業についていけるか不安!もともと勉強が嫌い・苦手だったという方も、鈴木アカデミーの授業でなら、楽しく勉強でき、いつの間にか看護学校に合格できる実力がついています。

2 経済的不安

  看護師をめざす方に対して、国は、様々な制度を用意しteくれています。そして学費だけでなく、生活費についても、各種の制度を活用すれば、無理なく看護学校に通えます。
 父子家庭や母子家庭の方が看護師をめざす場合にも、学校に通う間の生活費等の助成制度があります。
各種の国の制度を活用すれば、収入がなくても、安心して学校に通えます。

3 年齢の不安

  多くの方が年齢に不安を持っています。しかし、鈴木アカデミーでは、55歳以上の方が看護学校二合格しています。毎年のように50歳前後の方が合格され、40歳代は、毎年合格しています。
看護学校・准看護学校では、20歳前後の学生だけでなく、50歳代の学生が一緒に学んでいますので、年齢を気にすることは全くありません。

正看護師か准看護師か迷っている方へ

①看護専門学校を受験して3年間で看護師になるのか
②まずは准看護学校を受検して2年間で准看護師の資格を取り、その後さらに進学コースで3年間学び看護師になるのか
③それとも、准看護師として働くのか


一概に答えは出ません!

その方の置かれた状況と能力によって、さまざまな選択が出てきます。

迷っている方は、気軽にご相談ください

☎ 0721-26-7432 メール info@suzuki-academy.com

 

 鈴木アカデミーの特徴 

大手予備校と異なり、鈴木アカデミーはユニークです。

1 適切な進路指導

 25年以上の受験指導から、受講生にあった学校選び・勉強方法等を指導しています。

2 受講料が安い

 大手予備校の半額程度です。その理由は、自社ビルを持っていないこと・派手な宣伝をしないこと・できるだけ手づくりの資料を作成することです。

3 担当講師の技量

 鈴木1人が、すべての講座を担当しています。その為たくさんのクラスを持つことはできません。各教室の受講生の特徴等も全て把握していますので、受講生のレベルに応じた指導をしています。

 


 

 

【アクセス】 

 雲雀丘倶楽部

 国際障害者交流センター

 

 

 

 

エンディングノート完成

 お待たせしました。オリジナルエンディングノートが完成しました。

特徴

1 A4の大きさとして書きやすくしました
2 令和になって相続法が大きく変わります。最新の情報を収録しました
3 一人で遺言書を作成できるようにしてあります。
4 自分史としても活用できます

 これからのセミナーでは、このスターティングノートは資料として使用します。

1冊 1,080円(消費税込み)送料無料

お申し込みは こちら

2019年・20年度受付開始

 2019年度・20年度の受付を開始しました

 

2018年度生受付開始

  各講座のお申し込みは電話またはこちらで受け付けています。

 ☎ 0721-26-7432
※授業等で電話に出られないことが多く、ご迷惑をおかけしています

 電話で詳しく聞きたい方は、お手数ですが、留守番電話に電話番号等を吹き込んでおいてください

更新情報

2019/09/28秋の講座秋からの講座案内秋の日曜特訓講座   暑かった夏も終わりに近づきました...
 

各教室へのアクセス

大 阪 教室 大淀コミュニティセンター    アクセス

和泉中央教室 和泉シティプラザ        アクセス

 

合格体者の声

西村 奈緒  泉州看護専門学校 堺医師会看護学校(正看)


私は、今年の春から准看護師を目指すことを志しました。受験科目の数学を高校から全くしてこなかったので、何から勉強して良いかわからず、鈴木アカデミーを紹介してもらい、通信講座から始めました。とにかく基礎である計算から毎日解いていくくせをつけることから始め、やっていくうちに数学という苦手意識がなくなりました。

何度か富田林の教室にも通っているうちに、その際に鈴木先生から正看護師の受験も進められました。そして、夏頃から本格的に正看のための受験対策を始め、試験に出やすいところなどを重点的にわかりやすく教えていただきました。

そのおかげで無事に正看の看護学校に合格し、来年の春から看護学生です。

31歳でもまだまだできるんだと自信を与えてくださった鈴木先生には、本当に感謝しています。

ありがとうございました。

 

1 昨年も、鈴木アカデミーで、勉強されていたSさんが堺医師会と泉州看護専門学校に合格されています。そして、西村さんが、泉州看護専門学校の説明会で、体験談をお話ししてくれたのが、そのSだったそうです。

2 紹介してくれたのは、鈴木アカデミーで約30年指導してくれた永田先生です。永田先生と西村さんのお母さんがお友達だそうです。

 

2018年度 明石医師会合格 佐々木 みき

1.看護師を目指した動機

昨年祖母が入院した時、祖母の入院生活を身体面、精神面からサポートされる看護師さんの仕事ぶりを目の当たりにして感銘を受けたのがきっかけです。そして、職場が訪問看護ステーションを立ち上げ、日常生活に困っていた患者さんやそのご家族が喜ぶ姿を見て、看護師さんの役割の大きさを知り、自分ももっとやりがいを持って人の役に立ちたい、と強く思ったので…。

 

2.昨年度の失敗した(淀川区医師会)の原因

勉強を始めたのも9月でしたし、自分に合うか学校に見学も行かず、利便性だけで決めてしまいました。淀川医師会はそもそも高年齢の受験生を取らないという特徴も知らなかった。明らかに準備不足だったと思います。
注 昨年度は、鈴木アカデミーから45歳の方が合格!

 

3.今回合格のためにしたこと

鈴木先生の言われる通り、毎日コンスタントに数学の計算をしたり、国語の漢字?四字熟語・ことわざなどを覚えました。授業でいただいたプリントも、次の授業までにもう一度解き直して、もしくは忘れそうだなという頃に再度解き直して、習ったパターンの問題は必ず解けるようにする!という目標を持って取りかかりました。数学の計算トレーニングは、よく間違う苦手なところは

特に何回も解きました。

本試験が近づいて来たら、国語?数学も時間内で解けるように(明石はそれぞれ50分ずつ)、過去問を時間を計って何回か解きました。

作文は国語の自習教室の作文のところで練習しました。

後は、やはり学校に見学に行ったことです。自分に合うかどうか、なんとなく感じるものがあると思います。

 

4.面接について思うこと

面接を軽視はできないとは思います。けれども、先生が言われていたように、面接で合否は決まらないと思いました。今振り返ると、すでに面接を受ける時点で合否は決まっていて、それに見合った質問をされているなぁと感じました。以前の予備校では、立ち居振る舞いから受け答えまで、何回も練習しましたが、自分の気持ちを素直に端的に表現すれば大丈夫だと思いますし、立ち居振る舞いも自然に丁寧に行えば問題ないと思います。

 

以上です。

私は実名、写真載せ共に大丈夫です!

長々と書いてすみません。

 

鈴木先生、今まで本当にありがとうございました。他の受講生の方々の合格も祈っております。

先生、お体にお気をつけてお過ごし下さい。そして来年も生徒さん達を合格に導かれて下さい!

 

佐々木 みき

 

先生、すみません、追伸です。

鈴木アカデミーのホームページからFacebookを見ることができました。私のことが書かれてあって(笑)、びっくり恥ずかしかったのですが、嬉しかったです。ありがとうございました。

先生が授業でおっしゃっていたことやFacebookに書かれていることを読んで改めて思うのは、先生がアドバイスして下さったことを実行すれば、合格出来ると思います。

 

皆さんの合格も願っています!

 

 続きは こちら

2019年度錦秀会准看護学区王合格 K  41歳

 

 

 

 ⇒もっと見る


 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法